返済方法が選べる

選べる支払い方法が自由なクレジットカード現金化

投稿者:

クレジットカード現金化はショッピング枠の残りを業者に現金にしてもらう方法ですが、当然現金化に利用した分は翌月に返済しなければなりません。

それなら借金と変わらないと思ってしまいそうですが、クレジットカード現金化は選べる支払い方法が自由で通常の借金よりお得なのです。

ショッピングと同じなら返済方法もえらべる

クレジットカード現金化で利用した金額は、通常のショッピングでクレジット決済した時と同じように返済します。

つまり、一括払い、分割払い、リボ払いなど選べる支払い方法が自由なのです。

その時に都合の良い方法で返済できるため、上手に利用すればカードローンよりも楽に返済していけます。

通常の返済方法は翌月に一括で返済する方法です。

この方法なら金利手数料がかからないため、状況が許す限り選びたい返済方法でしょう。

ただ、翌月に一括で返済するといっても、カードを使用した時点では現金のやり取りが行われないため、うっかりしていると使い過ぎで一括返済できなくなる危険もあります。

ただし、クレジットカードによっては後から支払い方法を変更できることもあるので、それほど心配する必要はないでしょう。

分割払いについて

次に分割払いですが、これは文字通り支払い回数を分割して返済していく方法です。

1回当たりの返済額が少なくなるので高額な買い物にも使えます。

契約内容によっても違いますが、24回払いまで分割可能なことが多いです。

分割回数が多いほど1回の返済は少なくて済みますが、その代わり金利手数料が高くなることに注意してください。

クレジットカードは支払回数が少ないほど利用者には得になる仕組みになっています。

リボルビング払いについて

最近よく聞く返済方法にリボルビング払い(リボ払い)という方法があります。

分割払いの一種ですが、リボ払いは月々の返済額を一定にできる方法です。

たとえば、先月5万円、今月10万円カードで使った場合でも、返済額を5万円に設定しておけば先月も今月も返済額は5万円で済みます。

もちろんこれでは今月の使用分が繰り越されることになるので、翌月のカード使用額が5万円未満であっても、残高がある限り5万円を返済することになります。

カードの使用額にかかわらず返済額が月々一定なので家計の管理には便利ですが、リボ払いは金利が高く、残高がなかなか減らないというデメリットもあるので利用には注意してください。

リボ払いで感覚が麻痺して、いつのまにか払いきれないほどの債務を抱えていたというケースも実際にあります。

クレジットカード現金化では、選べる支払い方法は上記のように自由です。

その時の都合に合わせてお好きな方法を選んでください。

返信を残す