返済の計画

返済できない人は現金化を利用するべきでない

投稿者:

クレジットカード現金化を利用していいのは、確実に返済できる見通しのある人だけです。

返済できない人は利用してはいけません。

自分名義のクレジットカードを所有していて、ショッピング枠に空きがある状態なら誰でも利用可能な便利な現金化ですが、返済の当てもないのに利用すると後々困ったことになります。

返済のための現金化はやめた方がいい

クレジットカード現金化を利用して返済できない人というのは、そもそもどんな方法で借金しても返済できない人たちです。

なぜなら収入が少なくふだんからお金に困っているから現金化を利用したいと思うわけで、そんな人がいくら現金を手に入れても翌月には同じように困った状況になっている可能性が非常に高いのです。

まず、現金が必要な人が考える方法として消費者金融や銀行カードローンが挙げられます。

しかし、これらを利用するには安定した収入があることが第一の条件です。

たとえば無職の人ならこの条件に当てはまらないため、お金を借りることができません。

しかし、無職だからこそお金が必要なわけで、その結果、クレジットカード現金化に手を出した挙句、現金化に利用した分の返済ができないことになるのです。

無職ではクレジットカードを作ることも簡単ではないですが、職に就いていた時に作ったカードは無職になっても使えるため、実際、無職の人でクレジットカード現金化を利用する人は多いです。

しかし、収入のない状態を何とかしないことには、一時的に現金を手に入れたとしても翌月に困ることが目に見えています。

「今は無職だが、転職できるまでのつなぎに現金化を利用したい」ということもあるでしょう。

しかし、すでに採用が決まっているのでもない限り、軽率に利用するべきではありません。

現金化した分の返済はカード会社に翌月返済するようになっています。

「翌月の返済日までには転職できているはずだから」と思って、現金化で急場しのぎをしようと思っても、実際、転職できるかどうかはわからないでしょう。

実際、「転職活動中のつなぎで」と思って現金化を利用したのに、何カ月経っても転職できずに破綻してしまうというケースもあるのです。

返済計画のまとめ
ですので、クレジットカード現金化の利用を考える前に、まず翌月に確実に返済できる当てがあるかを考えてください。

数日後が給料日で確実にお金が入ってくるというのであれば大きな問題はありませんが、今がしのげればそれでよいという考えで安易に利用すると、返済できないまま延滞を繰り返し、挙句、カード会社から強制解約の措置を取られることにもなりかねません。

返信を残す