フリーター

自分名義のカードがあればフリーターでも現金化サービスは利用可能

投稿者:

クレジットカード現金化サービスはフリーターの方でも利用可能です。

自分名義のクレジットカードを持っており、ショッピング枠に余裕があるなら、フリーターでも無職でも問題ないのです。

さらに、過去に金融事故を起こしたことのある人でも、クレジットカード現金化業者は問題にしません。

現在、ショッピング枠に空きのある自分名義のクレジットカードを持っていることが唯一の上限なのです(ただし20歳以上の人に限ります)。

フリーターでは銀行などの借り入れは厳しい

銀行カードローンや消費者金融を利用するには、フリーターでは難しい場合があります。

カードローンには必ず審査があり、返済能力や社会的信用があるかを厳しく判断されるからです。

フリーターとはいえ、同じ職場で一定期間以上働き、月々一定の給与をもらっている方ならカードローンの審査に通ることもあります。

しかし、審査があることはどうしても避けられません。

その点、クレジットカード現金化には審査などまったくなく、ショッピング枠に空きさえあればそれに応じた金額を振り込んでもらうことができるのです。

フリーターの方で現在クレジットカードを持っている人ならもちろん現金化サービスを利用できますが、現時点でクレジットカードを持っていない場合を考えてみましょう。

現金化サービスを利用するには、まずクレジットカード会社に申し込んでカードを発行してもらわなければなりません。

ここで問題となるのが、クレジットカードの申し込みにも審査があることです。

カードローンと同じように返済能力などを審査され、その結果によって可否が決まります。

そのため、無職の人が新規に申し込んでもクレジットカードを作れないことが多いです。

ただ、フリーターの場合は正社員ではないだけで、きちんと労働して給料を受け取っているわけですから、クレジットカードの審査に通る可能性は大いにあると言ってよいでしょう。

カードは収入さえあれば誰でも可能

今のクレジットカードはたいていの人が作れるようになっています。

もちろんカードブランドによってステータスがあり相当審査が厳しいところもありますが、年会費無料の一般的なカードなら、たとえ年収が100万円以下でも作れることが多いでしょう。

申し込みの際の審査で判断されるのは、安定した収入があるかということであり、具体的な金額はそれほど影響しないのです。

年収が少なくても毎月安定して給料をもらっている人なら、フリーターでも問題なく作れるでしょう。

つまり、就業形態はどうあれ現在働いている方なら、新たにクレジットカードを作って現金化サービスを利用できるということです。

返信を残す