優良店の特徴

換金率と現金化の方式で見る優良業者と悪徳業者の特徴の違い

投稿者:

クレジットカード現金化業者と一口に言っても、業者ごとに特徴はさまざまです。

換金率は業者によってバラバラですし、現金化の方法にも業者の特徴が表れています。

そこで、換金率や現金化の方法について見ながら、優良業者と悪徳業者の特徴を見ていきましょう。

特徴がわかれば対応もできる

クレジットカード現金化を利用する方がまず気にするのは換金率でしょう。

もちろんこの数字が大きいほど受け取れる金額も大きくなります。

しかし、業者によって換金率はバラバラで、ホームページを見ると70%台のところもあれば90%以上のところもあります。

となると、90%以上の業者を選びたくなりますが、ちょっと待ってください。

90%以上の高換金率を謳う業者を利用すると、実際に振り込まれる金額は高い確率でそれよりずっと少なくなるでしょう。

手数料だなんだといろいろ名目を付けて、実質的に40~50%の換金率だったということがよくあるのです。

そもそもクレジットカードのショッピング枠を現金化するには、決済や振込のために必要な手数料があり、業者はそれに自身の利益をプラスします。

その合計を引いた数字が実質的な換金率なのですが、悪徳業者は手数料を含めない数字を示すため、90%以上など非常に高い換金率を示すのです。

90%以上で換金していたら業者の利益はほとんどないはずです。

そのため、優良業者であれば実際に振り込んでくれる実質の換金率を示してくれています。

つまり、ホームページに70%台の換金率を掲げる業者の方が優良である可能性が高いと言えるでしょう。

現金化の方法や手法がそれぞれに異なる

現金化の方法にも業者の特徴が表れます。

おもな方法は、カード決済で購入した商品を業者に送って買い取ってもらう買取方式と、業者の指定するショップで何かをカード決済で購入するとキャッシュバックとして現金が受け取れるというキャッシュバック方式の2種類です。

今の現金化業界では、優良業者はキャッシュバック方式を採っているところが多いです。

この方が、商品を送る手間がかからず、カードさえあればすぐに現金を振り込んでもらえるというメリットがあります。

一方、買取方式では届いた商品をわざわざ業者に送り直さなければならないため、入金までに時間がかかりますし、商品の送料も負担しなければなりません。

悪徳業者のなかにはこの仕組みを利用して、「商品が届かない」「届いた商品が傷物だ」などと言いがかりを付けて約束の現金を振り込まないようなところもあります。

以上のことをまとめると、優良業者の特徴は、キャッシュバック方式を採用しており、ホームページに高過ぎる換金率を掲げていないということになります。

返信を残す