キャリア決済の特徴

スマホのキャリア決済でも現金化ができます!

投稿者:

あなたが持っているスマホやガラケーには、クレジットカードのショッピング機能のような、後払い式の決済機能が付いていることを知っていましたか?

つまり自前の携帯で商品やサービスを購入して、ピッピと携帯で支払いができてしまう便利なサービスです。

キャッシュレス化が進む中、電子マネーを利用した決済システムが国内の店舗や行政機関で進められています。

それに並行して携帯電話会社では、『おサイフケータイ』といった決済アプリを導入しているのです。

キャリア決済サービスの特徴って?

さて、このキャリア決済サービスですが、実は現金調達方法としても便利です。

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化はかなり有名になってきましたが、これとまったく同じことがキャリア決済で行えます。

ただしキャリア決済ができる金額はせいぜい10万円まで、つまり数万円の現金調達には有効ということです。

方法は簡単で、ネットの現金化サイトをひとつ選び、そこの商品をキャリア決済で購入するだけです。

キャッシュバック式であればその場で換金率に応じた現金が振り込まれますし、商品買取式でも郵送して2日もあれば買取代金が振り込まれるシステムです。

またこの現金化は、クレジットカード現金化のようにカード利用停止のペナルティがありません。

もちろん貸金業法の総量規制も関係ありませんし、個人信用情報機関の登録もなしです。

黙って現金を借りて、黙って返済できる安心安全な方法として注目されています。

そこでひとつ注意事項ですが、このキャリア決済は購入した商品代金とその月の電話利用料金を合わせて支払うシステムになっています。

これは3大キャリアのドコモケータイ払い・auかんたん決済・ソフトバンクまとめて払いが採用している返済方法になります。

支払いの発生は利用月の翌々月になりますから、2ヵ月連続で現金化は可能になりますが、返済の面でやや負担が掛かるかもしれません。

この方法でのデメリットも知っておく事

ちなみにクレジットカード現金化では分割払いやリボ払いで返済の工夫ができますが、キャリア決済ではその融通が効かない点に要注意です。

またその点を考慮して、携帯電話会社はキャリア決済枠を小さくしていると言えます。

もし返済の遅延や滞納になると、これは個人信用情報期間で金融事故扱いになってしまい、登録が抹消されるまでの期間は基本的に消費者金融や銀行でのキャッシングもローンも組めなくなってしまいます。

携帯電話会社の傾向として、返済に関して非常に厳しい対応をとっています。

この点も十分に注意が必要です。

返信を残す