地方銀行

地方銀行の口座しか持っていなくても現金化を利用できる?

投稿者:

クレジットカード現金化は審査などを経ずにすぐ現金を手に入れることができる便利な方法です。

現金化業者から現金を受け取るためには銀行の口座を持っていなければなりません。

しかし現金化を利用する方の中には地方銀行の口座しか持っていないという方もいることでしょう。

では地方銀行の口座しかない方であっても現金化を利用することはできるのでしょうか。

現金化はどの銀行でも可能だけどデメリットもある

結論から言えば、地方銀行の口座しか持っていない方であってもクレジットカード現金化の利用は可能です。

基本的には日本国内の金融機関であればどこでも問題ありません。

ただし、現金化業者が推奨する銀行口座はあります。

例えばゆうちょ銀行や楽天銀行などのネットバンクです。

ネットバンクが推奨される理由は営業時間にあります。

ネットバンクであれば24時間365日いつでも振り込みができます。

キャッシュバック方式の場合、現金化業者は利用者から商品を購入してもらい、キャッシュバックとして決済と同時に現金を振り込むことになります。

利用者が現金を必要とする時間は銀行の営業時間外であることも当然あり得るので、いつでも利用しやすい銀行口座というとネットバンクになってしまうのです。

ネットバンク以外でもメガバンクの口座を持っていると手数料などがかからずに済むことがあるので多少有利になります。

とはいえ、地方銀行の口座でも問題は特にありません。

地方銀行の口座しか持っていないから現金化が利用できないということはないからです。

ただしデメリットは理解しておく必要があるでしょう。

通常銀行の営業時間は平日の午前9時から午後3時となっています。

例えば現金化を利用したのが午後4時だった場合、現金化業者がすぐに現金を振り込んでくれたとしても口座に反映されるのは翌営業日の午前9時以降ということになります。

現金化を利用したのが平日で翌日も平日であればいいのですが、金曜日に商品を購入した場合には口座への反映が翌週の月曜日ということになりかねません。

もしどうしてもその日に現金が欲しいのであれば、平日の午前中には現金化の申し込みをしておく必要があるでしょう。

また地方銀行の口座に現金を振り込んでもらうという場合には振込手数料がかかることもあります。

通常この手数料は利用者が負担することになるので、その点もしっかり確認しておくと良いでしょう。

こうしたデメリットもよく理解したうえで現金化を利用するようにしてください。

返信を残す