現金化の方法や特徴

クレジットカード現金化は借金と違う!方法や特徴を調べる

現金化を利用するのは、多くの場合キャッシング枠を使い切った人やキャッシング枠がない人です。

そのような人たちが現金化を利用するため、クレジットカードの現金化は借金であると考える人も少なくありません。

しかし現金化と借金には大きな違いがいくつかあります。

では現金化と借金の違いについて見てきましょう。

貸金の法律には規制されない

まずもっとも大きな違いは、借金にはそれを規制するいくつかの法律があるのに対し、現金化にはないということでしょう。

一昔前に多重債務者の問題が持ち上がったため、借金に関する法律がいくつも制定されたり改正されたりしました。

例えば利息制限法によって借金をする際の金利の上限が決められました。

しかし現金化にはこうした規制が今のところないため、違法行為ではない一方で利用者に不利になっていることも少なくありません。

したがって現金化業者をしっかり選ばないと、とんでもない損をしてしまうことになるかもしれません。
【参考】

審査などが無いし、信用情報には残らない

次に借金とクレジットカード現金化の違いは審査の有無です。

これが現金化が多くの人から利用されている要因となっています。

借金の場合、金融機関は返済能力の有無を判断するため審査を行います。

収入やその人の属性などを審査して、不合格の場合には融資をしません。

しかし現金化は審査の必要がないので、返済能力の有無にかかわりなく誰でも利用できます。

この気軽さが多くの人を引き付けるのです。

しかし現金化の利用者は現金化業者ではなくクレジットカード会社に返済義務を負うため、多重債務者になる危険性は常に残っています。

返済能力を超えて現金化を利用することがないように注意すべきです。

さらに借金をすると信用情報に記載される一方で、現金化は信用情報に一切関係ありません。

借金をする場合、信用情報にお金を借りたことが記載されると、別のところでさらにお金を借りるのが難しくなることがあります。

クレジットカードを作る場合でも、借金していることがわかると審査に通らないことがあるのです。

しかしクレジットカードの現金化では、カードの利用履歴が残るだけなので信用情報に何かが記載されることがありません。

将来的に金融機関からお金を借りようと思ったとしても、現金化について尋ねられることはないでしょう。

ただし現金化がばれてしまった場合には、クレジットカードの利用停止記録が信用情報に記載される恐れはあります。

こうした違いについてよく理解しておきましょう。