ネットバンクは必須

利用するならネット銀行(ネットバンク)の口座開設は必須

クレジットカードを現金化しようという人は、おそらくすぐにでも現金が必要な人たちでしょう。

来店も審査も不要で現金が手に入るクレジットカード現金化は便利ですが、入金スピードは業者によって差があります。

また、お持ちの銀行口座によっても入金スピードに差が出るものです。

そこで、現金化業者を利用する前に、即日入金のための条件を見ておきましょう。

業者だけの問題で入金が遅い訳ではない

まず、現金化業者が即日入金に対応しているかを確認してください。

振込までの手続きに時間がかかる業者を選んでしまうと、こちらが万全の態勢を整えていても即日入金はできません。

できれば年中無休で営業する業者を探しましょう。

年中無休としながら、申し込みの受付だけで土日祝日は事務処理をしていないという業者もあるので注意です。

そういう業者を選んでしまうと、土日も営業しているから安心と思っていたら、実際に入金されるまでに何日も待たされてしまったということになってしまいます。

入金スピードを決めるのは業者の都合だけではありません。

ほとんど場合、現金化を利用する際はお持ちの銀行口座に振り込んでもらうわけですから、その銀行口座の振込の対応時間にも注意しておかなければならないのです。

銀行の営業時間は平日の午後3時までですから、午後遅くに現金化を申し込むと、業者がどんなに急いでくれても入金は銀行の営業時間開始までずれ込んでしまいます。

なかには夕方まで振込に対応している銀行もありますが、確実に即日入金してほしいのであればネット銀行(ネットバンク)の口座を用意しておきましょう。

銀行の対応時間に注意が必要

対応時間が重要
ネット銀行(ネットバンク)は、文字通りネットで営業する銀行です。

実店舗を構える銀行のように時間の制約がないというメリットがあります。

ですので、ネット銀行(ネットバンク)の口座を持っていれば、平日の午後3時以降に現金化を申し込んでもその日のうちに入金されるというわけです。

また、ネット銀行は一般の銀行より手数料もお得だというメリットがあります。

何度もクレジットカード現金化を利用していると、お金を引き出すたびにかかる手数料もバカになりません。

ですが、ネット銀行に対応する現金化業者を選べば、指定の銀行に口座を持っていることで、ATMでの出金が無料でできる場合もあるのです。

また、ネット銀行は振込手数料も安めなところが多いため、業者としても節約できる振込手数料を換金率に上乗せできるというメリットがあります。

ですので、クレジットカード現金化を利用するなら、ネット銀行の口座をあらかじめ開設しておきましょう。